今年も徐々に増加傾向!

米沢の桜もちらほら咲き始めたようですね。

4月21日(土)はお休みします。

宜しくお願いいたします。

 

学生アスリート諸君へ忠告です!

毎年この時期は学生アスリートの患者さんが増えます。

腰が痛い!股関節が痛い!膝が痛い!脛が痛い!踵が痛い!など、特に下肢が多いですね。

冬期間は筋肉が固くなり、筋肉疲労が蓄積し易い状況です。

 

ジャンパー膝、ランナー膝、シンスプリント、オスグッド、シーバー病、肉離れなどと病院で診断され

安静・シップ・痛み止めの薬。痛みが引いて治ったと思い復帰してもすぐ再発。

そりゃそうです。動かさなければ痛みは引きますよね。

でも、安静・シップ・痛み止めの薬では完治しません。

 

 

アスリートにとっての完治は、日常生活で痛みが出ないことではありません。

テーピングやサポーターなどで痛みが出ないのも完治じゃありません。

薬を使わず、テーピングやサポーターをしなくても痛みが出ない状態が完治です。

 

来院してくる子供達に共通しているのは、筋肉が固いという事です。

関節が固いという事ではなく、筋肉の質が固いんです。

 

足の親指を重ねないで正座をしてみて下さい。

そして、片方の膝を20秒間浮かせてみて下さい。

その時に、上半身が左右どちらかに傾かないで、しっかり膝を上げる事ができますか?

できなければ、筋肉や足首などが固く、怪我・故障に繋がる原因が多い状態です。

 

筋肉系のトラブルで済んでいる内は良いのですが、疲労骨折に繋がったら完治するのも大変です。

今の内に冬期間に蓄積した筋肉疲労をとっておきましょう!

自分でやるのが難しい場合は、是非「かいほう‐整体&酸素カプセル‐」へ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


▲ PageTop