11月のお休み!

11月のお休みをアップしました。

パソコンの方は、当院サイトのトップページのNEWS & TOPICS

スマホの方は、ページ上部の【11月休業予定日】をご覧下さい。

 

今年も残り2ヶ月余りですね。そして、今年も恒例の物が届きました。

余り部数がありませんので、今年も早い者勝ちという事で何卒ご容赦ください。

宜しくお願いいたします。

 

患者さんからのお心遣いです。

美味しく頂きました。

本当にありがとうございました。

こんだけ違うと大変です!

雨も降らず、毎日暑い日が続きますなぁ。

野菜も高騰しちゃいますね(TT)

 

全国的に熱中症になる方が増えているようです。

来院されている高校生の同部員の子が部活中に熱中症のため救急車で病院に搬送されたそうです。

そこで、救急車がくるまでの対応は

1.涼しい場所に移動(建物等が近くにない場合は日陰の風通しの良い場所)

ショック状態の場合は足を高くして横にしますが、そうでない場合は本人が楽な姿勢で良いです。

2.衣類を脱がせる(ネクタイやベルトなど身体を締め付けている物を外すだけでも良い)

3.首の両サイド、両脇の下、両脚の付け根を冷やす

4.スポーツドリンクや1リットルの水に塩2グラム加えた食塩水で水分補給(無理矢理飲ませる必要なし)

覚えておくといざという時に役に立ちます。

因みに私は夏の時期は瞬間冷却パッドと飲料水は常に持ち歩いています。

 

今と30年前の米沢市の7・8月の最高最低気温を調べたのですが

1988年

7月 最高28.7℃ 最低13.3℃

8月 最高33.0℃ 最低16.1℃

2018年

7月 最高36.4℃ 最低17.0℃

8月 最高36.0℃ 最低23.2℃(8月4日現在)

こんだけ違うとスポーツだけではなく一般生活も大変ですね。

 

 

患者さんからのお心遣いです。

ありがとうございます。

美味しくいただきました。

シワやタルミ増えますよー!

5月4日(金)はお休みします。
宜しくお願いいたします。

 

新緑まぶしい5月。爽やかで過ごしやすい季節だなぁ~!
なんて油断していると・・・。

 

さて、何に油断するかというと紫外線と湿度です。
5月は真夏並みに紫外線が強く、冬並みに乾燥するんですよ。
だからこそ紫外線対策と保湿ケアが大事です。
肌の老化原因の約80%は紫外線による『光老化』と言われています。
そして、シワやタルミに繋がります。

 

ゴールデンウィークに入ると外出が増えると思います。
肌老化が一気に加速しないよう、しっかり対策をして外出しましょう。
また、暑さに慣れていない5月。こまめに水分補給をして熱中症対策もしましょう。

 

ちなみに、私は日焼け対策はせずに外出します。
想像して下さい。
大男が日焼け止めを塗って、日傘をさして歩いている姿を・・・コワイ!ですよね(笑)

テーピングって何を買えば・・・!?

5月4日(金)お休みします。

宜しくお願いいたします。

 

当院の前を女子大生らしい3人組が「今日は飲むぞー!」って言いながら歩いていました(笑)

学生さんもかなりストレスが溜まっていそうですね。そんな時は、酸素カプセルも良いですよ!

 

「スポーツ店に行くと色んな種類のテーピングがあるけど何を買えば良いんですか?」

と、患者さんや保護者の方に質問される事があります。

確かに、メーカー毎に様々な種類のテーピングがありますよね。

 

今回は、一般の方が使用するのに使い勝手が良い、伸縮性のあるテープと伸縮性のないテープについてです。

先ずは、伸縮性のあるテープで俗にキネシオテープと言われている物です。

このテープは、患部の固定というより、筋肉サポートで使う感じになります。

様々な太さの物がありますが、一般的な体格の人は5cm幅の物が一番融通が効きます。

そして、接着面の糊です。下記写真の左がストレート、右がウェーブ。

ストレートは、糊部分の面積が多く剥がれ難いのですが、皮膚の弱い人はかぶれ易いです。

ウェーブは、糊部分の面積が少なく剥がれ易いのですが、皮膚の弱い人でも比較的OKです。

因みに当院では、患者さんの皮膚の状態やテープの貼り方よって使い分けをしています。

 

次に素材です。下記写真の左が綿布、右が合成繊維です。

綿布は、一般的なキネシオテープで使用されている物です。

合成繊維は、通気性が良く強度もあります。色付きテープに多いですね。

注意して欲しいのが、手で切れるテープです。

関節可動域の大きい部位(肩・膝・足首など)に使用するとすぐに切れてしまいます。

 

ここからは、伸縮性のないテープで俗にホワイトテープと言われている物です。

このテープは、しっかり患部を固定したい時に使用します。

こちらのテープもキネシオテープ同様に様々な太さの物がありますが、3.8cm幅の物が一番融通が効きます。

ホワイトテープは縦横両方に切れますので、太ければ縦に切り、細ければ重ねて貼ればOKです。

最近では色付きのホワイトテープも出てますね。

 

最後に、キネシオテープ・ホワイトテープともに注意したいのが、ゴム使用の有無と粘着力です。

ゴム使用は、伸縮性があり強度も強くなりますが、皮膚の弱い方はかぶれ易いです。

特にゴムアレルギーのある方は注意が必要です。

ゴムが使用されていない物は、ラテックスフリーと説明書きにありますので、購入の際に確認して下さい。

粘着力はメーカー毎に微妙に違います。中にはめちゃくちゃ剥がれ易いテープもあります。

 

メーカーによってテープの使用感が微妙に違います。

初めから大量に買って、合わなーい!失敗したー!ってならないように

先ずは1本買って、試してから沢山かった方が良いですよ。

疲労回復の三つのカギ!

GWの今月末から米沢上杉まつりが始まります。

詳細は下記画像からどうぞ!

 

運動後の疲労を回復するための三つのカギは

・運動直後の水分と糖分補給

・運動後1時間以内の食事

・十分な睡眠

ハードな練習や試合を長く続けると疲れが溜まってきます。

これは、体内のエネルギー源であるグリコーゲンの消耗と血中のブドウ糖の濃度が下がるためです。

グリコーゲンの回復力は運動直後が一番高いので、運動直後にスポーツドリンクなどで水分と糖分の補給

食事では、炭水化物(ご飯・麺類・パン類・餅など)でエネルギーの補給と

糖質の吸収率をアップさせるビタミンB1(豚肉・緑黄色野菜・牛乳・豆製品など)

にんにく・しょうが・ねぎと一緒にとれば効果が倍増します。

また、クエン酸(梅干し・レモン・キムチなど)も疲労回復に効果的です。

睡眠の2・3時間前はパソコン・スマホ、テレビは見ない

ブルーライトがメラトニン(人間の眠気を誘う物質)を抑制します。

就寝直前に物を食べるのもNG。

・睡眠の質が下がる

・脂肪が増える

・胃腸が活動するので疲労がとれない

 

疲労回復のために試してみて下さい。


▲ PageTop